子供も楽しめる県内の体験・レジャー施設
2017.05.23

鍵岩手県内で、子供も楽しめる体験施設やレジャーをお探しの親御さんに、親と子が一緒に体験できて楽しめる岩手県内のピッタリな体験施設やレジャーをご紹介します。
まずはじめに、「岩手サファリーパーク」のご紹介です。岩手サファリーパークには、約70種700頭羽という種類豊富な動物たちが広大な大草原の中で暮らしています。ドライバーのガイドを聞きながら園内を回ってくれる園内バスに乗って、百獣の王ライオンをはじめ、チーターやトラなどの猛獣たちに大接近し、その野生動物たちの迫力を楽しみながらパーク内を探検することが出来ます。また草食動物ゾーンでは、ラクダやキリンたちへのエサやり体験もすることが出来ますので、子どもたちに大人気です。
その他にも、フラミンゴたちがワルツやサンバの曲に合わせて華麗に踊ってくれる「フラミンゴショー」や、サルとふれあえる「ふれあい広場」もあります。
また岩手サファリーパークでは、飼育員や獣医さんが普段行っているお仕事を、現場に行って実際に体験できる「お仕事体験」もすることが出来ます。主な内容は、トラ・ライオンの飼育員体験や、キリンの飼育員体験などの場合、動物の部屋に行って掃除をする体験や、エサを作って動物たちにあげるなど、お子さまから大人まで楽しめる体験をすることが出来ます。なお、定員数がある体験もあるので、事前に予約されることをオススメします。
次に、「農業科学博物館」を紹介いたします。「農業科学博物館」とみると、ネーミング的に「なんだか難しそう」と思われる方も多いとは思いますが、実はこちらの農業科学博物館には、地元の幼稚園児たちも遠足で訪れたりと、意外にも子どもたちが楽しめるスポットで有名な博物館となっています。博物館の中は、岩手の農業の歴史と、そして人々の生活や文化にふれることが出来る「農業れきし館」、岩手の農業の現状や作物の様子を体感することが出来る「農業かがく館」という2つの展示室があり、農業れきし館は資料が多いため、子どもには少し難しい展示室ですが、農業かがく館では、体感を中心とした展示室なので、子どもでも楽しみながら見学をすることが出来ます。また、入館料は、小・中・高校生までは無料、大学生は140円で、大人は300円と非常に行きやすい料金設定になっておりますので、気になる方は農業科学博物館に足を運んでみることをオススメします。
岩手県内には、他にも様々な体験が出来る施設がたくさんありますので、ぜひドライブなどの際に色んな体験をして、家族で素敵な思い出をたくさん作ってみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ